Twitter初心者の方へ

Twitterで交流する際に気をつける5つのマナー

こんにちは、ジュンです。

 

この記事ではTwitter初心者の方にTwitterで交流する際に気をつける5つのマナーについて解説します。

Twitterであなたの個人ブランディングを行なって、影響力を高めていくために重要なのはTwitter仲間の存在です。

気の合う仲間がいるとお互いの発信を応援し合うことができたり、有益な情報交換ができたりします。

このサイクルが上手くいきだすと仲間同士の成長速度が速くなるんです。

あなたを応援してくれる仲間作りをするために、Twitterのマナーを知っておきましょう。

まずは動画を観てください。実際にPCで操作している様子もまじえて解説しています。

この動画は約12分あるのでYoutubeの倍速設定で見てもらえると時短で見れます。

メンションをつける

ツイートやリプ(コメント)で上記のようにTwitter IDを入れると、相手に通知が行きます。

これを「メンションをつける」と言います。

相手を指名することでツイートに気付いてもらえるんです。

仲の良い人やお世話になっている方を自分のフォロワーさんに紹介する場合や、インフルエンサーの引用RTをする場合にはメンションを入れて気付いてもらいましょう。

巻き込みに注意

「会話に巻き込む」を略して「巻き込み」と言います。

先ほどの「メンションを付ける」の反対の意味で、無駄に通知を入れるのを防ぐために行います。

以下の例は私のツイートに対してのリプが、巻き込みリプになっている例です。

私のツイートを@ayamiさんがRT拡散したものを見て、ダルマさんがリプをくれるとこういうことが起きるんです。

のダルマさんのコメントは私に対するものですが、@ayamiさんにも通知が入っています。

だけど@ayamiさんには関係ない会話ですよね。。これに対して

の操作を行うことで、私はダルマさんだけに返信しています。

「巻き込み」は第三者に不要な通知が行かないようにするためのマナーです。

Twitter IDを外す操作をすることで第三者を会話に巻き込まないようにしましょう。

ミュートとブロック

自分の発信に対して悪口を言ったり攻撃してくる人を「アンチ」と言います。

アンチが来た時の対処法としてよく使われるのはミュートとブロックです。

上記のように相手のプロフ画面にある各ボタンを押すことで操作を行います。

以下でも解説しますが、悪口を言う相手の投稿を見たくない時にはミュートを使いましょう。

ブロックを使うのはおすすめしません。

アンチが来た時の対処法

アンチ

これは私のお客さんがコンサルの感想ツイートをしてくれた時に引用RTされたものです。

気分が悪いですが無視が一番合理的です。感情的になって言い返しても相手が喜びます。

対応方法は以下の通りです。

アンチへの対応
  1. 記録を取っておく
  2. ブロック機能はペケ
  3. ミュート機能で対応

1. 記録を取っておく

記録は全て取っておいてください。(スクリーンショット・ブックマーク)

複数回に渡ってひつこくTwitter上で攻撃してきて、あなたの心身やビジネスに支障をきたす場合には法律家に相談した上で法的に抗議しましょう。

  • 法律家に相談(※証拠必須)
  • Twitter社に苦情を出す
  • Twitter社に身元開示請求をする

2. ブロック機能はペケ

攻撃してきた相手をブロックすると、相手にはブロックされた事がわかります。

相手はあなたが反応してくれたことを喜んで、ブロック画面のスクショを添付してツイートすることがあります。

相手の土俵に上がらない。反応しないのが一番良い方法です。

3. ミュート機能で対応

あまりに気分を害する場合はミュートしましょう。

これであなたのタイムライン(以下、TL)からこのアンチは消えて平和になります。

次に有効なコミュニケーション方法であるダイレクトメール(以下、DM)について解説しますね。

DM(ダイレクトメール)

Twitterをしているとよく投資やMLM系の営業のDMが届きませんか?

あれ迷惑ですよねw

人にDMを送るときは相手の部屋に訪問するようなものです。

よほど仲の良い人じゃない限り、普通の会話はTLでのやり取りで済ませましょう。

いきなりDMするのは、人の気持ちを考えてない迷惑な営業です。

絶対にマネしないで下さい。お客さんから問い合わせを貰える仕組みを作りましょう。

迷惑なDM
  • エロ投資勧誘
  • 相互フォローのお願い
  • YouTube登録お願いします

そんなDMですが、この人たちがなぜここまで必死にDMするのか?

これには理由があります。それは。。

『DMのチャット機能は人と親密な関係を築くのにとても有効』だからなんです。

考えてみて下さい。DMは密室で2人きりで会話するのとほぼ同じです。

リアルで初対面の人とこの状況を作るにはすごく労力が必要ですよね。

しかもDMの場合は。。

  • 身の安全が確保されている
  • 顔出ししていなければ身元を伏せていられる

と言うメリットがあるので、相手のことを信用していれば自然と本音を話してしまいやすい環境にあるんです。

私はTwitter運用コンサルをはじめた当初に、お客さんが親密な人にしか話さないような胸の内を話してくれるDMの特徴に気づいて腰を抜かしました。

女の子口説き放題やないかーい!!!!!

と、言うのは内緒です(笑)

DMでのやり取りになれてくると、相手の方の使う言葉や絵文字で心理状態が何となくわかるようになるんです。

好意・不快・疑念・興奮・動揺

以上のDMの特徴をよく理解した上で使いましょう。

自然にDMを送るコツ

使えるのは無料ギブ企画で応募してくれた方にDMする方法です。

何かをプレゼントする必要はありますが、商品がある方の場合は有効なので試してください。

これなら、あなたに興味を持ってくれた方が立候補しているので自然な流れで営業をかけることができます。

無料プレゼントのクオリティで信用してもらうことは必須条件なので、素敵な無料プレゼントを作りましょう。

ここは特に重要なのでまとめますね。

ぜひDMを上手く使ってコミュニケーションを深めてください。

まとめ

Twitterで気をつけるべき5つのマナー
  • メンションをつける
  • 巻き込みに注意する
  • アンチの対処法にはミュートを使う
  • ブロックは使わない
  • DMはマナーを大切に

Twitterで仲間を作るための交流方法のマナーは以上です。

Twitterは交流系SNSです。まずはこれらの機能を使ってあなたの世界を広げてください。

Twitterの初期は交流と発信の割合は9:1で良いくらいです。

最初はフォロワー数を増やすことよりも、Twitterの文化に慣れて気の合う人と交流することが大切です。

まずは気の合いそうな人とガンガン交流してTwitterを楽しみましょう!