Twitter初心者の方へ

Twitterにはメールとブログのメリットがある

こんにちは、ジュンです。

 

日本人アクティブユーザー数4600万人超のTwitterは会社経営者やフリーランスの方々がビジネスで有効活用する事例も数多くあります。

Twitterは個人のブランディング確立には最適なツールです。

なぜならTwitterの爆発的な拡散力と多くの人と気軽に交流できる機能は他のSNSにはないものだからなんです。

「 Twitterにはメールとブログのメリットがある」まずは動画で解説しますね。

この動画は約11分あるのでYoutubeの倍速設定で見てもらえると時短で見れます。

Twitter×ビジネスのメリット

私のブランディングの成功事例を1つお話しさせて頂きますね。

私は2020年4月現在でTwitter運用を始めて1年になります。

そして先日Twitterのダイレクトメールを通じて週刊SPAという全国誌から取材のオファーを頂いたんです。

『Twitterのビジネス利用について』お話をさせて頂いた記事が掲載されました。

これだけでも名誉なことですが、この記事がキッカケになって私のTwitter運用コンサルティングが売れるという好循環が生まれているんです。

Twitterでブランディングを確立して認知度と影響力が上がってくると、こういうことが普通に起こります。

なぜこう言うことが起こるのか?

それは「Twitterはメールとブログのメリットを含んでいる」からなんです。

Twitterの特徴

・月間利用者 約4600万人(2020年3月)
・男女比およそ  男53% 女47%
・爆発的な拡散力で発信を広げて認知を高めるのが得意
・2006年に米国で生まれたTwitterは2008年に日本展開を開始

交流系SNS(初めまして向き)


抜群の拡散力であなたの発信を何万人もの人々に届けることが可能です。

匿名性が高く顔と本名を伏せて運用する人がほとんど。

なので実名顔出しで運用するとそれだけで信用度がアップします。

私は最初は顔出しせずに始めて、有料noteを出すタイミングで写真で顔出しを始めました。

私は情報収集目的でTwitterを始めたんですが、利用してみて驚いたのは知らない方との交流がとてもしやすい事です。

代表的なSNSであるFacebookやインスタグラムも積極的に使っていますが、これらと比較してもTwitterは「初めまして向き」の交流系SNSだと言えます。

次にメール・ブログ・Twitterを比較することで情報発信ツールとしてのTwitterの特徴を見ていきましょう。

メールの持つメリットとは?

皆さんに馴染みの深い電子メール。

最近ではLINEにとって代わられた感もあるんですが、ビジネスでは今も重要な位置を占める通信手段です。

メールはリアル社会に置き換えると「封筒に入れた手紙」のようなものです。

手紙を送るときには配達を郵便屋さんにお願いすると、あなたの代わりに先方に手紙を届けてくれますよね。

メールも同じで文章を作ってスマホかPCでメールソフトを使って送信すると、郵便屋さんにあたるサーバーがあなたのかわりにメールを先方に届けてくれます。

WEBマーケティングの世界ではセールスレターを数通のメールに分けて送ることで、先方に営業をかけるDRM(ダイレクトレスポンスマーケティング)という手法があります。

このDRMにメールやLINEを利用する方が多く非常に有効なセールス手段として使われています。

ブログの持つメリットとは?

ブログはリアル社会に置き換えると家の外にかけられた掲示板に張り出された、「オリジナルの新聞」のようなものです。

自分の意見や日記を掲示板に貼っておくと、それを見つけた人があなたの「オリジナル新聞」を読んでくれます。ブログはそんな感じです。

インターネット上にあなたの土地を借りて家を立てて記事(意見・日記等)を貼っておくと、誰かがあなたの記事にアクセスして記事を読んでくれます。

ブログを読んでもらうにはあなたの記事を読者さんに見つけてもらう工程が必要なんです。

ブログは文字数に制限がなく写真・動画・音声も添付できるので「あなたがどんな人なのか?」を深く知ってもらうのにとても有効です。

個人や企業のブランディングを確固たるものにするために利用されることが多いです。

Twitterは両方のメリットを含んでいる

Twitterは以上で解説したメールとブログ、両方のメリットを含んだ情報発信ツールです。それぞれに共通点と違いを解説しますね。

Twitterとブログの共通点と違い

Twitterの「ツイート」がブログの「記事」にあたり、両方とも自分の意見や考えを投稿するとサーバーに保存されます。

Twitterでは本人のプロフィール画面に行くとその人のツイートを最新のものから時系列で見ることができて、

ブログではWEBサイトにアクセスすればそのブログで公開している記事を自由に見ることができます。

Twitterとブログの違いは投稿量に制限が有るか無いかです。

Twitterとブログの違い
  • ブログの投稿には制限がない。
  • Twitterは1投稿につき文字数140文字・写真4枚・動画は約130秒以内

Twitterはブログの簡易版としての使い方が出来て比較的投稿が気軽に行えるのも特徴です。

また反応をもらえるツイートを作るためには自分の主張をコンパクトにまとめる必要があるので伝わる文章を作る訓練にもなるんです。

Twitterとメールの共通点

Twitterとメールの共通点は直接メッセージのやりとりができる点です。

TwitterにはDM(ダイレクトメール)の機能があって先方に直接メッセージを送ることが出来ます。

Twitter上でコメントのやりとりをすると他のユーザーから見えますが、DMだとやり取りをする相手にしか内容が見えないためメールと同じく個人的な話もしやすいです。

メールは先方のメールアドレスを教えてもらう事でメッセージのやり取りが出来るようになりますよね。

Twitterでは以下のような条件でDMを送ることができるようになります。

DMできる相手
  • あなたをフォローしている人
  • お互いにフォローしあっている人
  • 先方がDMを解放している場合
  • フォローされてなくても過去にフォローされていたり、先方がDM機能を解放していた時にやり取りをしていたことがあればDMを送ることできる

TwitterでDMを送る際のマナーとしては他のユーザーから見える場所で交流した上で、「DMしても良いですか?」と先方に許可をとってからDMすると良いでしょう。

オープンな場所での交流なしにDMを送るのは、知らない人が突然家を訪問してくるのに似ています。

Twitterで発信していると知らない人から儲け話などのDMが送られてくる事がありますが、怪しいので全て無視でOKです。

DMでの交流が上手くいくと仲が深まる傾向にあります。クローズドの場所で1対1で話すと親密さが増しますよね。

くれぐれも先方との関係を作った上でDMを使いましょう。

それに加えてTwitterのDMにはグループチャットの機能もあって最大50人まで同じDM内で話すことができます。

Twitterで仲良くなった方々とDMグループを作って会話を楽しむのもTwitterの楽しみ方の1つです。

私はこういうDMグループでTwitter運用について情報交換したり、お互いのTwitter活動を応援しあったりしています。

まとめ

まとめ
  • Twitterは交流が得意なSNS
  • Twitterはブログの簡易版
  • TwitterのDM機能は便利(マナーを守ろう)

Twitterとメール・ブログの共通点をつかんでもらえたでしょうか?

冒頭でも書いたようにTwitter×ビジネスはブランディングの確立に使える、とても有益なツールです。

ブログよりも発信が手軽で、簡単なメールの機能も備えています。

運用のコツを掴めば多くの人にあなたの事を知って貰えて、集客できて気の合うビジネスパートナーと出会うことも可能です。

まだTwitterを始めてない方は次の記事でツイッターの始め方を解説しているので、こちらもあわせてご覧ください。

 

Twitterの始め方 ・登録方法 今回はTwitterの登録方法について解説していきますね。 Twitter×ビジネスには多くのメリットがあります。...
国内の主なSNSの特徴(2020.1) この記事では国内のメジャーなSNSについて解説していきます。SNSを俯瞰で見ることでSNS×ビジネスを始めるにあたってど...