Twitter初心者の方へ

Twitterアナリティクス 基本編

 

こんにちは、ジュンです。
>>詳しいプロフィール

まずは、動画で解説して行きますね。

この動画は約11分あるので、Youtubeの倍速設定で見てもらえると時短で見れます。

『Twitterアナリティクス』の解説です。それではどうぞご覧ください(^ ^)

アナリティクスの見方/ PC・スマホ

↑↑↑Twitterアナリティクスに登録してない方はここから登録して下さい。

パソコンが見やすいです。

今回は耳慣れない専門用語のお勉強です。

最初は難しく見えるけど理解すればなんて事ないので気軽に見て下さい。

アナリティクスはTwitterの公式ツールで、貴方のアカウントのパワーを見るためのツールです。

貴方のツイートのパワーが積み重なって、アカウント自体のパワーが数値として表されてるっていうイメージです。

それでは、ここではスマホのスクショを見ながらを説明していきますね。

 

このツイートの右下の赤丸部分〇

この棒グラフをタップしたら、

このツイートのパワーが数値化されて見れます。

 

①インプレッション

貴方のツイートが、タイムラインに流れた回数を示す数値です。

数値が多ければ多いほど沢山の人の目触れたという事になります。

 

②エンゲージメント

貴方のツイートへの反応の回数です。
反応というのは、いいね・R T・プロフクリック・画像クリック・フォローの事です。

インプレッションが高くてもエンゲージメントが低かったらあまり意味はありません。

ツイートは人に反応して貰って初めて認知→信用→影響力の獲得へつながるんです。

 

 ③エンゲージメント率 (PCで見て下さい)

貴方のツイートの打率で、インプ÷エンゲ×100で出した数値です。

この数値は7%あれば、多くの反応があった成功したツイートと言えます。

エンゲ率7%は反応の良いツイートの基準数値です。

。エンゲージメント率はスマホでは表示されないので、PCで見るようにして下さい。

 

④プロフィールクリック数

ツイートを見て貴方のプロフィールがチェックされた回数です。

プロフを見に来てくれるということは、貴方に興味を持ってくれたということです!

 

『このツイートした人、どんな人?』

 

貴方も、面白いツイート見たら「どんな人かな?」とプロフを見に行きますよね?

プロフクリック数はそのツイートが『フォローを貰えるツイートなのか?』

を測る数値と言えます。

プロフクリックが多ければそれだけフォローされるチャンスがあったという事です。

 

プロフクリックが多いツイートを出したのにフォローされなかった場合は、

プロフィール画面に問題があります。

フォローするメリットが感じられないプロフィール画面だったという事です。

この場合はあなたの目標に合わせたプロフィール画面を作り直しましょう。

 

⑤フォロー

このツイートを見て、貴方をフォローした人数です。

①〜⑤の数値を見て、貴方のツイートの中から成績優秀なツイートを選んでブックマークするか※別アカウントのDMで保存しておいてください。

反応の良かったツイートをブックマークしておいて少し修正して再ツイートすると良いですよ。

1〜3ヶ月ほど期間をおいて、そのままコピペでツイートしてもOKです。

 

まとめ

Twitterアナリティクス
  • アナリティクスで分析
  • 好まれるツイートの傾向
  • 運用の初期は特に交流しましょう

普段からアナリティクスを見て自分のツイートの反応を数値で分析する習慣をつけましょう。

反応がないからといってガッカリすることはありません。

フォロワーさん1000人まではツイートしても独り言だと思って下さい。

Twitter運用初期は発信するよりも交流することに力を入れましょう。

初期の交流と発信の割合は9:1でちょうど良いです。

試行錯誤を繰り返してこそ、

あなたらしくて反応をもらえるツイートを作れるようになるのです。

反応を貰えるツイートの作り方については

別の記事で詳しく解説しますので楽しみにしていて下さいね。